ワーキングホリデーを無駄にしている私

恋愛

おはようございます。

昨晩ヒステリックを起こしまして、いま彼は同じ部屋で寝ているけど忘れないようにとブログかいています。

 

きっかけがこれまたしょーもないんだけど。。。

さいきんトロントは本当に寒くって耳とかちぎれそうなくらい寒くって、そういえば私ヘッドホン持ってたやん!ってまた使い始めたわけ。

そのヘッドホンBOSEのノイキャンで3万くらいするむちゃくちゃイイやつなのね。

久しぶりに使った音楽が染みて染みて…

大好きなLordeのsupercut聞いてたら音の一個一個が自分の毛細血管駆け巡る感じで震えて(LSDとかはこれのもっと強い版って感じなのかな?)私音楽好きだったじゃん!久しぶりにクラブ行きたい!!!ってなったんだよね。

それで昨晩二人でYoutubeでなんとなくPV観てた時に「一度だけクラブに行きたいです。」と告げてみたら静かにケンカスタート。カンカンカーン

私人生でクラブは10回くらいしか行ったことないし、いわずもがなそんなとこで出会う男なんてしょーもないから男目的で行かないし、ただたまにお酒飲んで大音量の中踊りたくなる。それだけなんだよね。

しかもトロントは大都市で音楽イベントも盛んで、有名なDJの日もめちゃ安く行けるらしい。

あと残り数カ月しかトロントにいなくて、私は友達もほとんどいないし何の思い出もない。

オーストラリアワーホリは、自分の意志で誰も知り合いのいない中行ったけどたくさん友達つくれて、いろんな場所に行っていまも一生の友達。

カナダに来てからの1年は人生で一番なにもしてなくて、あとで振り返ってたらきっと後悔する。

遠距離してたときは、常にパットのこと考えてて距離さえ近くなれば大丈夫、一緒にいることですべてが解決するって思ってたけどそんなことなかった。

パットは何も悪くないしいまは幸せだし私が単にこの状況を予想してなかっただけなんだけどって爆泣きしながら話した。

毎週末150㎞国境越えて運転してきて会いに来てるから、友達いないとかトロントつまらないとかは言わないようにしてたんだけど、もうカナダに入れる日数が少なくてさいきんよくそのこと考えてるから、ひとつひとつ話してるうちに爆泣き。

わたしよく泣くけど昨日は久しぶりにあんなに泣いた。

いまも目がしょぼしょぼ(´・ω・`)

のび太のメガネ外した時みたいになってる。

 

一つ一つ流れる涙を毎回丁寧に指で右左って拭いてくれて、「カナダでたくさん思い出あるでしょ?ナイアガラできりみのママとも会って、誕生日はニューオーリンズ料理の高いレストラン行って、夏はアジアのストリートフード祭り行って」って一つ一つカナダでの二人の思い出を話してくれて、まじでなんていい彼氏なんだろうって😿

「プロポーズしたときの言葉覚えてる?I’ll make you happyって僕は約束したから信じて。もうすぐアメリカで一緒に暮らせるよ」って言ってくれて完結した。

こんな素晴らしい彼氏世の中にいないのに、わたしはほんとに欲望の塊女で一生満足できないのかな。

アメリカに行ったらもっと日本人いないし、てかそもそもBuffaloに人がいないし、どんなにパット君が優しくてもこの悩みは更に膨れ上がると思われる。

 

散々泣いた後に竹内まりあの元気を出してきいたらほんとに元気になった。単純。あれフラれた曲なのに。

パットくんがいっぱいいっぱい顔中にキスしてきて最初はありがとうって感じだったんだけど、「あれ?なんかおかしいな」って気付いて、単にpassionate kissからのmake up sexの目的のキスだったことに気が付いた(# ゚Д゚)

若いからしょうがないのかもしれないけど、ほんとに性欲ヤバいんだよね。

「僕はパブロフの犬みたいにきりみを見ると欲情するのが止められないんだ」って言われて、「をい!わたしを見ると穴を想像するってこと?」ってちょっと揉めたw

彼はcomplimentだよって言ってたけど、どんな彼女でも嬉しいって思う人いないと思う。

 

 

コメント

  1. […] この前の記事でも書いたけど、結婚となると楽しい時間の共有だけじゃなくて大変な時期を乗り越えたり弱ってるときに助け合ったりできる関係性が大事だよね。 […]