私が思うこと

 

 

数日前に有名な俳優が亡くなりました。

 

彼とは年齢も一緒で、彼の作品をたくさん観てきました。

 

私自身が特別ファンだったわけではありませんが、彼がKinky bootsの主演をやっているのを知って「ミュージカルも頑張っているんだなぁ」なんて陰ながら応援していました。

 

はたから見たら仕事も成功して、顔もかっこよくて、なんで自殺しなきゃいけないのって思うよね。

 

Twitter開いたら、憶測がいっぱいツイートされてて、私が一番モヤッとしたのがどれくらい仲良かったか分からない芸能人の便乗とも受け取れるツイートでした。

 

ちょっと見て嫌な気持ちになってすぐTwitter閉じて、それ以来一切彼関連の情報はいれないようにしています。

 

この記事で彼の名前出さないのも、検索で引っかかってほしくないし、ただ私が思うことを書きたいから。

 

 

 

私、結構心が折れやすいタイプでさ。

他人から見たら大して苦労してない人生に見えると思うし、実際そうだと思うの。

 

だからか分かんないけどほんとに打たれ弱くって。

辛いことがあると一切の希望を失って、究極のことを考えてしまったことも人生で数回ありました。

 

相談する余裕があるときに友達に相談すると「なんでそんなこと気にしてんの?」とか言われるけど、他人にとっては小さなことでも、それは私を地に落とすくらいショックなことだったりするわけで。

 

過去にしにたいって思ったときに、そうしなくてよかったといまなら思えるけど、そのときは闇で埋め尽くされて、他には何も考えられなくてっていうのはよくわかる。

 

 

 

 

7年前に中学の同級生だった男の子が自殺しました。

 

中学のときヤンキーだった彼で、顔もかっこいいしバスケも上手だからモテました。

ヤンキーのなかでもみんなに優しくって、彼のことを悪くいう人はいませんでした。

 

成人してからもみんなで集まって彼の家で鍋パしたり、亡くなる数カ月前にも「きりみ、俺にも今度コーンロウ編んでよ!」ってメッセージ来たり、仲良くしてたんだ。

 

 

お葬式には同級生達と行きました。

後で知ったことだけど、首吊り自殺だったので、最後の顔も見ることも出来ました。

 

遺書も何もなかったので、私達は彼がそれを選んでしまったのか、いまでも分かりません。

 

 

松本人志がいうことに心を揺さぶられることがたまにあるんだけど、イジメで自殺した学生の報道に対して「自殺することが一番の悪っていうことを我々は伝えていかなきゃいけない」って何十年も前にラジオで言っていて、いまでもテレビで自殺問題が取り上げられるたびに同じ熱で語っています。

 

すでに心が折れてしまっている子に、お笑い芸人のおじさんがいうことがどれだけ響くか分からないけど、影響力のあるコメンテーターとしては正しい発言だと思います。

 

私は、子供がイジメられて自殺するのと、大人が自殺するのは別だと思っています。

 

 

 

亡くなってしまった友達に「なんで一言相談してくれなかったんだろう」なんて自分勝手なことをいうつもりもないけれど、やはり彼には死んでほしくなかったです。

 

とはいっても、同じようなことが起こっても耐性は人それぞれ違うし、(俳優の方も私の友達も)恵まれていたのになんで?!とかはちょっと視野が狭いような気がします。

 

辛くて辛くてそれ以外選べなかったっていう気持ちも理解できるから、死を選んでしまったことを責めるつもりはなくて、もう彼がいなくなってしまったいまは安らかに眠ってほしいと願うばかりです。

 

 

COMMENT

  1. iroha より:

    kirimiさん、こんばんは。私も特にファンでもないのに落ち込んでしまいました。人知れず大きな苦しみを抱えていたのだとしたら、今は天国でその悩みから解放されていたらいいなと思います。とはいえ、私は自分のことはやっぱり大切にしたいです。kirimiさんはご自身のことすごく冷静に見れていてすごいし、パットさんの大きなLoveにも包まれて幸せですね😊

    • きりみ sakananokirimi より:

      Irohaさん、こんばんは( ◠‿◠ )

      私が記事で上手くまとめられませんでしたが、Irohaさんのコメントでかいてくれたことが私が思うことまんまです。
      いままでにくれたコメントでも感じていましたが、Irohaさんの文ってすごく素敵でハッとさせられることがあります!

      はい、私はいまとても幸せです!
      パットはもう私の極端な性格も分かっているし、それも含めて愛してくれています。
      これからは幸せを与えることのできる人生にします。

メルマガ登録

ブログ最新記事の更新情報を受け取る