家が散らかっている

散らかっているっていうか、前にも書いたけどとにかく物が多いんです。

ちょっとそこに置いておいたものが、1時間後戻るともうどこかに紛れているってのうのが常で、この家に来てから何個か大事なものを失くして途方に暮れました。(お気に入りだった小さいバッグなくしたときは旦那に当たり散らした)

とにかくおんなじようなTシャツ、たっくさんの在庫を抱えていて、一つ一つを大切にしてないから多分本人達もなにかなくなっても気にならないんだと思います。(これって大量生産のアメリカの闇だと思うの)

私がなんでモノをあまり持たなくなったか自分なり考えたんですが、理由はここ数年は居住地が定まらなかったからだと思いますw

意識してミニマリストもどきになったわけではなく、まずは私のノマドの歴史をご参照ください。

きりみ漂流記
  • 2016/10
    オースワーホリ
  • 2017/10
    帰国して実家
  • 2018/1
    国際シェアハウス
  • 2019/4
    義両親宅で居候
  • 2019/5
    カナダワーホリ
  • 2020/4
    帰国して実家
  • 2021/12
    義両親宅で二世帯生活
  • 2021/6
    二人で住むアパートに引っ越し予定

いや、さすがに引越し多いて。4年で8回て。

好き好んでこんな浮浪者になったわけではなく、旦那と出会ってしまったのが運の尽き(爆)

海外にはスーツケースに入る量しか持っていけないから自ずと断捨離はするし、2016年からはいずれ引越すっていうのが分かってる生活をしてたから、余計なものは買わないようにしてました。。。

今回は永住するの分かってるから親に色々送ってもらったものが続々と届いてるんですが、「どうせ引っ越すし」って思うと、ガチャガチャ出してまた紛れるのが嫌なので、ダンボールの中もいま必要なものしか出していません。(完全に事故でしたが義父にお茶碗割られてから心に誓ったw)

ほんとは一時帰国中に買った便利調理器具とか使いたいし、暑くなってきたからサンダルも履きたいんだけど、「あと1か月、、数週間、、、、」と言い聞かせてスニーカーで耐えてます。

【自分の城を作れない】というジレンマは海外に渡ったばかりで二世帯生活をしてる人のあるあるかもしれません。

愚痴の続き(笑)はまた今度書くとして、私が最近見て憤りを落ち着かせたのがNHKのドキュメンタリー番組の【戦争花嫁たちのアメリカ】です。

「この当時の人達が大変だったんだから、私達は我慢しなきゃ。」とか押しつけがましいことを言いたくておススメしてるのではないですが、やはり同じアメリカ人との国際結婚

海外生活でのストレス解消法

夕食はと

いやはやもっと鬱憤を書きたかったのに、2つだけで2000字もいってしまいました:(;゙゚’ω゚’):

いまの私のストレス解消方法は【鬼滅の刃】を読むことですw

もうね、おばちゃん2周目です。

炭次郎の澄んだ優しい心を知ると、自分がなんて邪悪な人間なんだと改めざるおえなくなりますw

マンガ一切読まない私がハマってるんで、おススメですよ!

\ アメリカでの鬼滅の刃の人気についてはコチラ /

COMMENT

メルマガ登録

ブログ最新記事の更新情報を受け取る