【国際恋愛】ノロケてすいません!アメリカ人彼氏の好きなとこ

国際恋愛

 

こんにちは!

私は、6才年下のアメリカ人彼氏と現在2年半交際中のきりみと申します(‘ω’)ノ

 

 

実は最近めっちゃ大きいケンカをしてしまい、自分の詰めの甘さを反省するとともに、最高のパートナーも持っている喜びを再度実感している次第であります。

 

喧嘩した日は非常に落ち込みまして、夜に幼馴染の家にチャリでビュー―――――ン。

 

「私、今日から生まれ変わるから!!!見ててね!!!!!」だけ宣言して、またチャリで去る。笑

 

迷惑極まりない友達ですいません。

 

この記事でも書きましたが、会いたいときにいつでも友達に会って相談したり爆笑出来るのは、いま日本にいるメリットかなぁ。

 

これからどんどんコロナが終息に向かっていくといいね
真剣に読むほどでもない雑記です。

 

ちょっと話ズレましたが、一緒にいることが当たり前になって忘れかけてしまわないよう、今日はひたすらパティ夫の好きなところはかきまくる「大パトリック感謝祭」です。

 

喧嘩を吹っ掛けそうになったときにこの記事を読み直し、相手のいいところを思い出して喧嘩を未然に防ぐための、「きりみの、きりみによる、きりみのための記事」ですので、惚気がウザかったらすいませんm9(^Д^)プギャー

 

 

ピンチに強い米国人婚約者

 

このブログの読者さんならご存知かと思いますが、本当にうちの彼氏は優しいです。

 

とにかく私達のことを関係を最優先に考えてくれています。

 

喧嘩して、私に非があってもいつも折れてくれて、その場を穏便に収めてくれます。

 

どんなに喧嘩をしても、絶対にbreak upと言ったり匂わせることも一度もありません。

 

コロナでK1ビザがお釈迦になって、私が発狂していたときも、彼も同じように不安だっただろうけど、とにかく前向きな言葉を常にかけてくれ、カナダのビザのことや帰国のことを必死で調べてくれました。

 

「もし何かがあってこのK1ビザがダメになっても、僕はきりみといたいから日本に移住するから、僕らは離れることはないよ」と言ってくれました。

 

 

Awww you’re so sweet😢💓

 

自分で書いてるだけで感動してきた笑

なんていい婚約者なんでしょう!

 

ピンチになったときにその人の本性が分かるって言うけど、パティ夫はピンチになればなるほど強くなるってゆーか、ピンチになったときによりパティ夫の素晴らしさを実感します。

 

結婚前からこんな災難で、彼の思いやりと芯の強さを知れてよかったです。

 

(ちなみにパティ夫の発音は、レストランのパティオの発音ではなく、「ティ」にアクセントを置いてください)

 

 

 

年下彼氏って最高!

 

昔はそんなことなかったのですが、最近パティ夫はぶりっ子です。

 

本人にもぶりっ子の意味を英語で説明したうえで「You are ぶりっこ」と伝えましたが、彼は自分が可愛いことを分かっていて、このおばばを惑わすとんでもない男です。

 

ちょっと忙しくしている週があり、LINEの返事も遅くなっていたら、週末に「I don’t feel your love this week💔」(原文ママ)と来ましたw

 

いや、かわいすぎるやろ。

 

何度も愛してるって 聞くおまえは

この愛なしでは 生きてさえゆけないとぉ ウ~ウ~ウ~♪

 

あのメッセージを見て、懐かしい尾崎豊のI love youの歌詞を思い出してしまいました。

 

パティ夫ぶりっ子で本当に可愛いんです(*´ω`*)

 

私がイラつきながら(笑)朝食作っているときも、とことこキッチンやってきて、「Can you kiss me please?🥺」ってまじで言ってくるの。

 

そして、ちゅーしてあげたら、満足して去ってゆく、、、、

 

私が外国人と付き合うのが初めてでまだ勝手が分かっていないだけかもですが、これ普通ですか?w

 

 

うちらは喧嘩をしてないときは本当に仲が良くて、超らぶらぶです!

 

 

他人は絶対理解できないだろうから、うちらは絶対日常生活をYoutube晒せません(笑)

 

 

まとめ

 

誰も興味ない、赤の他人の惚気をお読みいただきありがとうございました。

 

私はヤンキー多発地域で生まれ育ったので(すぐ出身のせいにする)一回喧嘩するとガ――――ッって熱くなってしまい、あとになって反省することがよくあります。

 

これからは一言発する前にこの記事を読み返し、彼の愛おしい部分を見つめ直すようにしたいと思います。

 

優しくてかわいくて強くって賢いパティ―が大好きだーーー((((oノ´3`)ノ

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(カナダ)へにほんブログ村 海外生活ブログ トロント情報へにほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

COMMENT

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。