【自力ワーホリ必見】とにかく安い!カナダ現地保険BIISのススメ

アメリカ生活
きりみ
きりみ

こんにちは、

トロントで1年間ワーホリをしたきりみです!

 

 

ワーキングホリデーいろいろお金がかかりますね。

なるべく費用を抑えられるところは抑えたいものです。

 

ワーホリ出発前の支出を減らすために、コスパ最強の海外保険をご紹介します!

 

カナダのワーホリの保険

 
カナダのワーキングホリデーは健康保険の加入が必須です
 
もし保険に加入していないとカナダ入国後に、work permitを発行されない or 加入期間が足りないとwork permitが1年満期で発行されないということもあると明記されています。
 
 
カナダ政府が求める保険の詳しい条件等はCICの公式ホームページで確認できます。 ↓
 
【カナダワーホリ】クレカ付帯の海外医療保険で入国出来る?!
カナダのワーキングホリデーでは健康保険の加入が必須です。必要な保険の内容とエポスのクレジットカードの海外保険、カナダ現地の格安保険の紹介をします。
 
 
日本人向けのカナダの情報サイトTORJAさんでもワーホリ・留学生用にカナダの保険制度についての記事がかかれています。
 
 
 
それを踏まえて、日本のクレジットカードに付帯されている海外旅行保険は、カナダ政府がワーキングホリデーに求める保険の日数に含まれるのかの考察した記事です。↓

 

 

 

 

コスパ最強保険「BIIS」

 

BIISはカナダのAllianzという保険会社の保険です。
 
こちらのビジター保険は、ワーキングホリデーの方にオススメの保険です。
 

https://www.biis.ca/ja/visitors-to-canada-insurance/allianz/

 
 
私も実際この保険に1年間加入し、カナダに滞在中2回病院に行きましたが、両方満額払い戻ししてもらえました。
 
この保険がおススメのポイントは2つあります!
 
 
1⃣ 保険料が安い
 
兎に角素晴らしいコスパのBIIS。
最大のメリットは保険料が安いに尽きます。
実際私が12か月の申し込みで支払った保険料は$961(約75000円)でした。
日本の保険会社が提供する保険は、値段が数百ドル高くなるようです。
 
 
2⃣ 日本語で問い合わせが出来る
 
やはり何かの際に日本で問い合わせが出来ると安心ですよね。
メールは日本語で対応、電話も日本語の通訳が対応してくれ、さらにダウンタウンにあるオフィスには日本人スタッフが常駐しています。
 

 
BIISのデメリットは、診療費のキャッシュレス対応をしていない点です。
 
日本の保険会社のものだと、保険会社指定の病院で会計の際に保険加入証を提示すれば、診療費を保険会社が一時立て替えしてくれます。
 
診療費は数百ドルと高額になることもあるので、キャッシュレス対応の保険会社だと手持ちのお金の心配することはなくなります。
 
TORJAさんでもBIISについて詳しく解説されています。↓

 

 

 

保険料を計算してみよう

 

BIISの保険料は、保険金額/加入期間/年齢 で変わります。

※保険金額は加入期間中を通しての医療費総額の補償の最高限度額です。

 

3つの保険金額パターンで実際に1年間BIISに加入した際に払う保険料を算出しました。

 

(例1)保険料 $10,000

25歳未満    $642.2

25歳~31歳まで $642.4

 

(例2)保険料 $25,000

25歳未満    $784.75

25歳~31歳まで $846.8

 

(例3)保険料 $50,000

25歳未満    $905.2

25歳~31歳まで $967.25

 

実際に値段を出してみると分かりますが、日本で加入出来る海外保険とは半額程度安くなっています。

 

保険料の選び方に関しては以下のようにBIISのHPにかかれています。

 

こちらでスキー、スノーボード、乗馬、マウンテンバイク、スケートボード、 インラインスケートその他スポーツをしていて事故が発生しケガをした場合、治療費が $10,000 を超えることは一般的ですので補償額は最低でも $50,000 をお勧めいたします。
 
私もこれの注意書きにビビってしまい$50,000のプランに加入してしまいましたが、ぶっちゃけ一番安いプランでも良かったといまは思います(゚⊿゚)
 
 
私がカナダで1回はハチに刺されて病院に行きました。(笑わないでね)
この時は救急だったので医療費は$650
 
2回目は膀胱炎で病院行ったときの医療費は$150
 
両方合わせて$1000もいかなかったので、激しいスポーツなどする予定がない人なら一番安い$10,000の保険料のプランで十分だと思います。
 
 
 
 
 

 

このリンクに飛ぶと見積もり/申し込みのこの画面に飛びます。

 

保険金額/保険発行日/保険有効期限日を入力しすると、自動で保険有効期間の日数が表示されます。

 

次にNo.1のフォームに姓名/生年月日を入力して、性別を選択する。

最後に、上に戻り見積もり計算のボタンを押します。(ちょっとトリッキーで私も最初間違えた)

 

 

すると、No.1の合計のところに見積もり金額が出てきます。

もしこれで間違えないようならば、この画面から申し込みすればokです。

 

申し込み後にメールで保険証書のPDFが届きます。

カナダ入国後のwork permitを取得する際に提示を求められる可能性があるので、印刷して携帯しておきましょう。

 

私は9カ月で申し込みをしたあとに、3カ月期間を延ばしたいという問い合わせをしたのですが、その分を追加料金を払って簡単に延長出来ました。
 
 
 

BIISがカバーしない保険内容

 

コスパがいいBIISですが、その代わり最低限の内容のカバーになります。

私がカナダでワーホリ中に2度病院に行くのを諦めたことがあった体験を紹介します。

 

 

ベッドバグ

 

実際ベッドバグだったのか最後まで分からなかったのですが、夏に急に全身に湿疹ができたんです。

 

そこまで痒いっていうわけではなかったのですが、新しい家に引っ越した後に突然湿疹だらけになったのでまずベッドバグを疑い、トロントの日本語も対応しているWELLNESS KIZUNA病院に問い合わせをしました。

 

すると、「BIISでは皮膚の疾患では保険適用にならない可能性があり、ます。もしベッドバグと診断されたら保険適用になるけど、ならなかった場合は$150です。」と丁寧に日本人のスタッフさんが教えてくれました。

 

結局ドケチな私は$150にひるんで病院にはいかず、家のオーナーに相談したら新しいベッドを買い替えてくれて、そのあと自然と湿疹も消えました。

 

ちなみに私はオーストラリアでワーホリをしていたときも、ベッドバグらしきものにかかったことがあり、どうやら海外に住んで数カ月発症するストレス?からくる皮膚炎かもしれません( ゚ω゚ ) 

 

色んな人巻き込んでオオゴトにしてすいません。

 

ちなみにシドニーでベッドバグらしきものにかかった日記。

めっちゃグロ画像貼ってるんで、ダメな人は見ないで~!!

https://ameblo.jp/meg19890820/entry-12239076493.html

 

 

ピル処方

 

日本ではピルと言われる経口避妊薬が必要でメールでBIISに相談したのですが、「自身で希望して処方する薬に関しては保険の適用外」と言われました。

 

まぁ、そうですよね。

日本だってピルは保険適用外だもんね。

 

トロントで診察料無料・ピル1箱$10で買えるフリークリニックの紹介↓

トロントで低用量ピルを診察費無料で買える病院
カナダの医療保険不要・診察代無料で1箱$10で避妊薬が購入出来る「Hassle Clinic」に行ってきました!HIVテストや性病の相談ができるのでLGBTも利用しやすいです。

 

 

 

まとめ

 

コスパ最強のBIISの紹介でしたが、いかがだったでしょうか?

 

私のようにエージェントを頼らず自身で準備するワーホリの方には大変おススメの保険です!

 

 

ちなみに、一度も保険請求をしてない場合で、申し込みの期間より早く帰国になった場合は、保険料の払い戻しも可能の様です。

 

長めに申し込むけどビザぎりぎりでの帰国は心配だから、まるまる一年は滞在せずに帰国するって方が多いかと思います。

健康に1年過ごされ病院に行かなかった方は、払い戻ししたい旨をメールしましょう。

 

フォーマットが送られてくるので、それを記入したものとパスポートの帰国印のページの写真を送れば申請完了です。

 

 

BIISはキャッシュレスではないので保険の請求が面倒くさいのですが、とにかくコスパがいいので検討してみてはいかがでしょうか?😉

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(カナダ)へにほんブログ村 海外生活ブログ トロント情報へにほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

COMMENT

  1. […] 【自力ワーホリ必見】とにかく安い!カナダ現地保険BIISのススメエージェントに頼らず、自力でワーホリ準備をしている人におススメの保険BIIS。とにかく値段が安いカナダ現地の保険 […]

メルマガ登録

ブログ最新記事の更新情報を受け取る