まじで最高の彼氏だと思えた日

国際恋愛

※今日の記事はかなり汚い話になります※

はい、この直後に悲劇が起きたんですね。

 

´ж`;)ォ・・ォェッ・・・

多分生まれて初めて食中毒なった。

冬なのに、、極寒の地トロントで食中毒、…だせぇ

 

帰りの電車に乗ってるときに「あれれれれ?久々ヤバいタイプの腹痛キタ」って思ったら、同時に吐き気も襲ってきて駅出てガソスタ駆け込んで下からも上からも暴発(汚くて本当にすいません)

腹痛いの全然治らないけどとりあえず家は割と近いしとりあえず帰ろうと、バスに乗ったら激鬼腹痛再登場!!!!!

「あ、ヤバい私死す:(;゙゚’ω゚’):」って思ったのでバス降りて再度同じガソスタ立てこもり。

海外あるあるのきっっったねぇトイレなんだけどね、まじで腹痛すぎて切り上げるタイミング分からず2回目トイレは30分近くいて、このまま夜間病院行きたいレベルだったんだんだけど、とりあえずUber呼んで帰宅。

 

まぁ、この汚い食中毒の話はどーでもいいとして、タイトルの「まじで最高の彼氏だと思えた日」は彼の対応ね!

私がトイレ立てこもってるとき30分以上その日は-8℃のなか外でずっと待ってくれて、、、

もっといい話がちょー汚い話なんだけど(笑)トイレから帰ってきた私にふと「もしかして吐いた?」って聞いてきて「うん、なんでバレたん?」ってきいたら「ブーツにゲボついてるよ」ってw

 

「ブーツにゲボついてるよ」

 

すごいパワーワードw

ブーツに吐しゃ物とか大学のサークルの新歓で調子こき野郎かよ。

字面で見るとすごく冷たいんだけど、実際はめっちゃ心配してくれててキモがったりしてないよw

家に帰ってからもお茶作ってくれたりお腹さすってくれたり、まじで優しかった(´Д⊂グスン

 

この前の記事でも書いたけど、結婚となると楽しい時間の共有だけじゃなくて大変な時期を乗り越えたり弱ってるときに助け合ったりできる関係性が大事だよね。

めっちゃ下痢してブーツにゲボまで付いてる汚っい女をヨシヨシしてくれて、私は最高の彼氏と付き合ってるんだって実感しました。

 

今週末の3連休はBuffalo行って、ドレスと結婚式会場の下見をしてくる。ヒヒ―ン♪

はぁ、人生でこんな日が来るなんて…(n*´ω`*n)

私達以上にパト氏の家族が気合入っててママンからドレスのウェブ送られてきて、これはどう?これはどうって。

しかも毎週末をカナダで過ごす私達に代わって、先月事前に2個ほど夫婦で会場下見してきてるwww

あんまり聞いたことないよね、本人不在で両親のみ下見w

しかも妹も今週末の下見のためペンシルバニア州からわざわざニューヨーク州に来るw

はい、家族総出で下見してきますwww

 

もしかしたらこれが嫌って人もいるのかもだけど、私も彼もほとんどこだわりないタイプだから、外野からあれこれ言ってもらえるとむしろ助かるー!

ドレスの下見も男の人入れないから母妹いてくれると助かる―!

前もかいたかもだけど、彼と私と分け隔てなくほんとの家族のように心配してくれて出来ることは何でも協力してくれてほんとに素晴らしいご両親😿

私は家族に色々問題ありだから尚更優しさが染みる。。。

 

まだまだ先の話だけど、私達に子供が出来たら彼両親の近くに住んで子供の面倒見てほしいw

孫なんかできようもんなら激甘やかしそうだしずっと一緒にいてくれそう。

そして、私は彼とデートとか行きたーい!

こんな調子でまだ母親になる心の準備ができてないと自覚しているので、ちゃんとピル飲んでますよw

分かってる、私達は誰にせかされようとまだなの。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(カナダ)へにほんブログ村 海外生活ブログ トロント情報へにほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

COMMENT

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。