大使館再開はいつ?!コロナ禍のK1ビザタイムライン

K1ビザ
きりみ
きりみ

こんにちは!

 

アメリカ人彼氏と婚約中のきりみです。

 

 

私は2019年9月にワーホリをしていたカナダからK1ビザを申請しました。

 

ビザ手続きは順調に進み、メディカルチェックも終わっていましたが、コロナの影響で面接があと1週間前というところで、キャンセルになりました。

 

 

彼と色々話し合った結果、一旦帰国しケースを日本に移してやり直すことにし、私は現在実家に戻ってきています。

 

そもそも、カナダに住んでいる日本人がアメリカのフィアンセビザを申請するということがレアケースで、しかも弁護士を雇わず自力でビザ手続きをしていたので、情報収集にとっても苦労したので、絶対にK1ビザ取得までの流れの記事は書きたかったし、同じ状況の方からも記事書いてほしいとコメントもいただきました。

 

中途半端な記事をかいて、読んだ方を混乱させたくなかったため、K1ビザの手続き等の記事は、全部終わって実際に私のビザが許可されて、渡米してから詳細に書くつもりでした。

 

そんなにこだわってたのに、なぜ今回K1ビザの記事を書くことになったかというと、コロナであまりにも状況が変わってしまったからです。

 

この記事は2019/8/6時点のK1ビザ状況です。

状況は日々変わりますので、ご自身で最新の情報をご確認するようにお願いします。

 

 

タイムライン

 

この記事では具体的なビザ手続きの流れなどは省きますが、私の現在までのK1ビザのタイムラインをご紹介します!

 

  • 2019.9
    I-129F受領
  • 2019.
    NOA1
  • 2019.12
    トロント領事館で無犯罪証明書を取り寄せる
  • 2020.
    NOA2
  • 2020.2.18
    予防接種
  • 2020.2.26
    面接予約完了
  • 2020.2.28
    メディカルチェック
  • 2020.3.19
    面接キャンセルの通知が来る
  • 2020.4.9
    カナダからケーストランスファー申請
  • 2020.04.22
    I-129F請願書有効期限の問い合わせをする
  • 2020.7.15
    ケーストランスファー再申請

 

コロナ前まではビザの進捗は順調で、1週間後に控えていた面接さえ終われば、あとは1か月カナダで過ごして、そのまま陸路で許可されたK1ビザを持ってアメリカに入国する予定でした。

 

なので、面接キャンセルのメールが届いたときは、事実を受け入れられることが出来ず錯乱する毎日でした。

 

 

 

私は、カナダでのワーホリビザの期限も残り1カ月と迫っていたため、このままいつ再開するか分からないビザ面接をカナダで待つかどうかという問題が更に上積みされました。

 

 

私と同じ状況(日米以外の第三国からK1ビザ申請&突然の大使館クローズ)の人は今後一人も出てこないと思うので、詳しく書く必要ないかもしれませんが、一応私達が考えていたプランを書きます。

 

1⃣ カナダでワーホリからビジタービザに切り替えて、トロントにこのまま滞在。

ビザサービスが再開次第、カナダで面接を再予約する。

 

2⃣ カナダでワーホリからビジタービザに切り替えて、カナダーアメリカの国境が開けたらESTAでアメリカに渡る。

3か月彼の実家で過ごした後、日本に帰国し大使館を移して東京で面接を受ける。

 

3⃣ 即帰国、大使館を移して東京で面接を受ける。

 

 

考えて悩んで悩んで彼とも話し合った結果、3⃣ 即帰国、大使館を移して東京で面接を受けることににしました。

 

可能性をもってビジタービザも申請したのですが、結局使わずに申請料$100と費やした時間を無駄にして無念の帰国になりました。

 

 

 

ケーストランスファー

 

まだ、2⃣の案の「カナダーアメリカの国境が開けたらESTAでアメリカに渡る。3か月彼の実家で過ごした後、日本に帰国し大使館を移して東京で面接を受ける」を検討中だった頃の私達は、K1ビザを早く進めたかったため、カナダにいる間に在日アメリカ大使館にケーストランスファーのリクエストをしました。

 

ケーストランスファー(申請地変更)リクエスト - 在日米国大使館と領事館

 

 

その後の流れはこちらです。

 

ケーストランスファーリクエストをする

日本の居住証明書を提出してとメールが来る

即帰国して住民票をメールで送信する

音沙汰がないので電話で問い合わせたら,

担当部署から返信すると言われる

それでも音沙汰ないからもう一度メールする

「現在パンデミックのため大使館はビザ手続きを停止しています」と返信が来る。

えっ、それなら住民票のために急いで帰国した意味ないやん。ってなる

I-129請願書の延長について問い合わせる

今回は自動延長となると返信来る

大使館が動き始めたから、ケーストランスファーを再リクエストする

「現在パンデミックのため大使館はビザ手続きを停止しています」と返信が来る。

 

 

こんな感じで現在に至ります。

 

いま私は、大使館のK1ビザサービスが再開してトランスファーリクエストが出来るようになるのを待っている状態です。

 

大使館も非常事態で大変なのを十分に理解したうえで言いますが、連絡は本当に遅いです。

 

一つ送った質問の返事が1週間経っても返って来ず、ビザサポート課に電話をしましたが、担当部署でないと答えられないと言われて、2週間後やっとメールで返事が返ってきました。

 

 

 

 

I-129F請願書有効期限

 

現在K1ビザ申請中の方は、このI-129F請願書の有効期限について悩まされたと思います。

 

TwitterのK1ビザ申請中の同士のなかでも、FAXで延長リクエストを送ってと大使館に言われた人もいたようです。

 

 

 

ただ、私自身がメールで問い合わせ際には、下記の返信が来ました。

 

I-129F請願書有効期限をご心配をなさっているようであれば、コロナウイルス状況下における対応策として、通常の4ヶ月毎の延長リクエストをすることなく、通常面接再開後に面接にお持ちいただくことが可能です。また、当事務所が通常通り面接を再開してから4ヶ月間は有効と見なします。

 

この返信が来た以上、私は延長リクエストはする必要がないと思い、最終的にしていません。

 

メールで担当部署から正式に返信が来る前に電話で問い合わせた際も、今回のコロナ禍でのI-129Fの有効期限は自動延長になり、延長リクエストの提出は面接の際に持参でいいと言われました。(これはあくまで担当部署ではなくコールセンターの人の回答だったので、正式な回答が欲しくて念のためメールでも質問しました)

 

 

ちなみに1⃣カナダでワーホリからビジタービザに切り替えて、トロントにこのまま滞在。ビザサービスが再開次第、カナダで面接を再予約する。の案で進めているときに、同じように在カナダ米国大使館にI-129F請願書の有効期限について問い合わせをしましたが、延長リクエストについては現時点は受付していないとの回答でした。

 

 

 

無犯罪証明書有効期限

 

I-129Fの有効期限と共に心配だったのが、すでに取得済みの無犯罪証明書です。

 

私は2020年2月に、トロント領事館(日本のもの)、Privacy Act(カナダのもの)、オーストラリア連邦から郵送で取得済みの3つの無犯罪証明書があります。

 

再取得するために海外から取り寄せるのは、時間も費用もかかるので、無犯罪証明書の有効期限についても在日アメリカ大使館ビザサポート課に問い合わせしたところ、以下の回答が返ってきました。

 

 

ということで、私の日本の無犯罪証明書はまだ時間に余裕があるので、今のところ心配はいらなそうです。

 

カナダとオーストラリアも、出国後は一度も戻っていないので、再取得の必要はなそうです。

 

 

 

在日アメリカ大使館再開

 

3月中旬から面接などビザ手続きが中止されていた在日アメリカ大使館ですが、7/16から大阪・福岡・札幌総領事館で一部ビザ手続きが再開されました。

 

 

大阪米国総領事館、福岡米国領事館および札幌米国総領事館は、限られた数の学生・交流訪問者ビザ(F・M・J)、貿易駐在員・投資駐在員(E1・E2)ビザを含む一部の非移民ビザサービスを再開しました。なお、沖縄米国総領事館は、IR1、IR2、CR1、CR2を含む一部の移民ビザサービスを再開しました。(在日米国大使館HPより)
 
 
このニュースは本当に嬉しかったですね(´;ω;`)ウッ…
 
 
つい1週間までは「私がアメリカに行けるのは一体いつになるんだろう…」っていう不安があり、まだK1ビザは対象ではないのもの、ビザサービスの再開で未来が見えてきました。
 
 
7/16時点では、大阪・福岡・沖縄のみだったのですが、7月下旬になって札幌総領事館も追加されたので、確実に前向きに動いていますね。
 
 
イギリスやアイルランドに始まり、最近では中東地域の米大使館でもK1ビザ面接が再開され始めています。
 
 
あとは、東京米国大使館でのK1ビザサービス再開を待つばかりです。
 

 

※ フィアンセビザの大使館でのサービスはまだ再開されていませんが、ビザ申請からNOA2までの米国移民局(USCIS)管轄のサービスはコロナ禍でも変わらず動いているようです。

 

大使館が動き始めたからワンチャン行けると思って、7/28に再申請したケーストランスファーリクエストも在カ大使館→在日大使館の大使館間のサービスになるので却下されました。

 

 

 

東京での面接が再開したとしても、人数制限をするでしょうし、すでに面接予約をしていた人でもまだ少し時間がかかると予想されます。

 

かつ、私は現在カナダにあるビザケースを日本にケーストランスファーをしなければいけません。

 

NOA2以降からやり直しになるようなので、メディカルチェックも再度東京でやり直し、彼の財産証明の書類も古くなっているので、新しいものを郵送してもらう必要があります。

 

ちなみにメディカルチェックはカナダですでに終わらせていたので、予防接種も含め3万円ほど支払っていますが、それももう一度東京のクリニックで払う予定です。

 

どお?絶望でしょ?w

 

この記事を読んでいるであろうK1ビザ申請者の方、みなさん予定が狂って大変な思いをされていると思いますが、ここに想像が付かないような大損をした女がいるので、どうかこの人よりはマシだと思って、辛い時期を耐えてくださいw

 

 

 

米国就労ビザ発給停止

 

トランプ米国大統領は6月22日、新型コロナウイルス感染拡大により影響を受けた米国民の雇用を保護する目的で、一部の非移民ビザによる外国人の入国を年末まで停止・制限する大統領布告外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますに署名しましたね。

 

2020年6月22日付で、特定の移民ビザ(IR-1, IR2, CR-1 及びCR2を除く)と非移民ビザ(H-1B、H-2B、L及び一部のJ(インターンシップ、研修生、教師、キャンプカウンセラー、オペアプログラム、サマーワーク&トラベルプログラム))の発給が2020年12月31日まで一時停止されます。(在日米国大使館HPより)
 
しかし、この大統領令はK1ビザには影響はありません。
大使館からの私宛のメールの返信にもハッキリとこのように書かれたので安心です。
 
Even though fiancé visas are not impacted by the new Presidential Proclamation released in June 2020, our routine visa services are suspended at this moment.
 

 

ちなみに、有名なサイトなのでみんな知ってるかと思いますが、私達はアメリカビザのコミュニティサイトの「Visa Journey」を使っています。

VisaJourney - America's Largest Immigration Community
US immigration community providing free US immigration guides, visa information, forum discussions, and other information making USA immigration much easier!

 

Facebook Groupもあります。

日本人の方も何人かいるようです。

 

K-1 Group - Visa Journey公開グループ | Facebook
K-1 Group - Visa Journeyのメンバー22,255人。This group is for Fiancée (K-1) and Spousal (CR/IR-1) visas to the U.S. • If you want to join you must answer all...

 

これはカナダ人でK1ビザ申請者用のFacebookグループです。

私達はこのグループ方々からたくさん情報を得ました。

Canadian K1 and Spousal Visa Group
Canadians (or US fiancées/spouses of Canadians) going through or who have gone through the United States K1 or Spousal CONSULAR VISA process IN CANADA to enter ...

 

何度もいうようですが、最新情報は必ずご自身でチェックしてくださいネ(´っ・ω・)っ

 

 

 

まとめ

 

すべて完璧に進んで、引っ越しの準備なんかもしていたなか、面接のキャンセル&大使館の閉鎖は突然の事態だったので、当時は本当に落ち込みました。

 

 

帰国もすぐに受け入れることは出来ませんでしたが、3か月たったいまは久しぶりの日本や友人との再会を楽しんで過ごしています。

 

 

私と同じように面接キャンセルになってしまったK1ビザ申請者の方々たくさんいるかと思いますが、やっと再開の目途が立ってきたので、みなさんあとちょっと踏ん張りましょうね!!!!!

 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(カナダ)へにほんブログ村 海外生活ブログ トロント情報へにほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

COMMENT

  1. AlohaNonchi より:

    kirimiさん
    初めまして。ブログ読ませて頂きました。
    私もK1ビザ申請中です。
    教えて頂きたいのですが、今日、大使館のビザサービスに
    延長申請の事でメールをしました。
    返信がきたのですが、私のファイルを作成して対応するから、
    パスポートの顔写真のページをスキャンして返信して下さい と
    返信がありました。
    kirimiさんが問合せされたときも同じ対応でしたか?
    ちなみに、有効期限が今月末までなんです。。
    延長申請すべきかどうかの返事が欲しかったのに、パスポートスキャンして。。ときたので少々びびっております。

    お時間ある時にお返事いただければ嬉しいです。
    宜しくお願い致します。

    • きりみ sakananokirimi より:

      AlohaNonchiさん

      コメントありがとうございます。

      私の場合トランスファーリクエストをHPから申請したあとに、メールで「Please send us a copy of proof of your residence in Japan.」と来ました。

      そのメールが来た時点では私はカナダに住んでいたので日本に住民票がなくどうしたらいいか問い合わせましたが一向に返事が来ず、とりあえずパスポートの写真を添付して送りました。

      ただ、とにかくあの時期は返事が遅かったので、パスポート画像を送っても、日本に帰国後に住民票の画像を送っても一切返事がありませんでした、、、結局何に必要だったのかよく分からないです。

      記事にも書きましたが、私の場合I-129Fの延長に関しては、今回は自動延長になるから、面接時に持ってくればいまは特に手続きをしなくていいと言われたので、なにもしていないです。

      私も先週大使館にメールで問い合わせしましたが、翌日には返事がありました。

      いまはK1ビザサービスを再開したので、割と返事も早いかと思います。

      質問の返事になってなかったらすいません🙇🏻‍♀️

      早くAlohaさんのビザが許可されますように🙏

      • AlohaNonchi より:

        kirimiさん
        ご返信ありがとうございます‼︎

        実は、私は弁護士を通してビザ申請してまして、
        今回の事も弁護士事務所からも問合せはしてもらってるんです。
        その時の回答は、面接時に私たちが結婚する意志があるという内容の
        書類を持って来てください という内容でした。

        コロナ前に延長申請された方々のブログを読んでると
        皆さん延長申請されてたので、なんだか不安になってしまって。
        彼にも「弁護士の回答もあるけど、心配なら大使館に聞いてみたら?」と言われて、迷ったんですけど問合せメールしたんです。
        そしたら「プロファイルを作成して対応するからパスポートを
        スキャンして送ってください」とだけ返信がきたんです。
        やりとりの履歴を残す為だけに私のプロファイルを作成するのか、
        何か不利になったりしたらどうしよう・・とか勘ぐってしまいます。

        彼にも「パスポートを送るかは貴方次第」と言われてしまい、
        あっちゃー余計なことしちまったか⁉︎て感じです。
        弁護士さんを信用してないわけではありませんが、どのくらい延長になるのかも分からなくて、期限切れてるからアウト!てなるのも、、と
        心配性がひょっこり顔をだしまして。。

        kirimiさんも何度か問合せされてたんですね。
        でいま面接予約まで進んではったんですよね。
        私はまだNVCで止まってます。。ケースナンバーが今月にはいってやっとでた状態です。
        ほんまやったら今頃はビザも取れて行く準備をしているくらいやったのにな〜と。でも、中学英語すら危ういレベルなので、時間できて
        よかったような気もします。今から面接の事を思うと口から心臓出て来そうな気分になりますが、
        何にせよ、少々の事でビビってたらアカンですね。

        この度は、お忙しい中お返事下さってありがとうございました!
        お聞きできてよかったです♪
        これからもブログ読ませて頂きますね!
        お互いのビザが許可されますように‼︎‼︎‼︎

        • きりみ sakananokirimi より:

          AlohaNonchiさん

          コロナ前の延長だと必ず延長申請が必要だったみたいですね。
          私は何も送らなくていいとメールで来たので、もし何か言われたら印籠のように見せたいと思います。

          ちなみに先週トランスファーリクエストが承認されたので、私の場合は延長申請していなくてもプロセスは進んでいるようです。

          私だったらパスポートのスキャン送ってくださいって言われたら送りますね!
          すぐ終わるし無視するのもなんかなって感じで。
          どっちにしろパスポートの情報はアメリカは握ってるから、私だったら気にしないかもです!

          AlohaNonchiさんの方言かわいいです😍

          また何かビザが更新されたらブログにかきま〜す!

          • AlohaNonchi より:

            sakananokirimiさん

            こんばんは!
            お返事ありがとうございます☺️

            私、京都在住なので、ついつい京都弁?関西弁?がでてしまってました😅

            普通に考えて、延長申請の問い合わせしただけなのに
            不利になる て事はないですよね。
            ほんとにビビってたには、実は、入国拒否をくらったという
            不名誉な履歴がありまして、それで必要以上にビビってたんです。
            でも、この一件で結婚という流れになって、今に至ります。
            火曜まで大使館も休みなので、もうちょい考えて(まだ悩むんかいって話ですね😂)みようかと。

            は〜〜それにしてもやる事は尽きませんね。
            部屋掃除(断捨離ですね)に英語に、同時2冊読みに。。。
            時間があり過ぎるのに、頭では分かっているのに身体がついてこないです。そつなくできる人間になりたいです〜

            ボヤキみたいな内容で失礼しました。
            ではでは、ブログ楽しみにしていますね😊

  2. サバ より:

    こんにちは

    色々と情報を探していて、こちらにたどり着きました。
    ページの右側のtweetで、「コロナ前に渡米できていても~」というのにある意味当てはまっていたので思わずコメントさせていただきました。ちょっと前のつぶやきのようですが、すみません。

    私も国外からK1申請をスタートさせて(ケースは東京で登録していましたが・・・)、2月に面接、3月彼が来日して一緒に渡米の予定が、アメリカからの渡航実質不可で私だけ急遽数日前倒しで渡米しました。

    大事なのはここからです。
    きりみさんがポジティブになれるよう、というか、最終的にきりみさんの状況でよかったのかもしれないと思えるように・・・。
    現在進行形なので全然本当は笑い話じゃないんですが、もう笑うしかなくて・・・

    現状です:
    三月末に入国したものの、ご存じの通りアメリカの状況は非常に悪くて、公共サービスがすべてストップでした。
    コロナ前は入国後90日以内に結婚・SSNは余裕!それがすんだらすぐにGC申請と思ってました。SSNは新しい姓で登録したかったので結婚がまず第一でした。

    ただ、結婚したくても役所が開いておらず、一か月半近く何もできませんでした(州によったのだと思いますが)。
    現在住んでいる市では難しそうだったので、彼の出身(同じ州)の小さな村役場で義父の幼馴染が働いていたので特別に書類等を用意してもらうことができ、入国二か月でやっと第一関門を突破。五月中下旬でした。この時点でもSSオフィスはin personのサービス全面停止で、どうすることもできませんでした。
    GC書類を準備し、六月頭に申請。(K1とI-94の期限は六月末)2-3週後に書類不備(2/28から新しくK1にも導入された不要関係の書類です)でリジェクト。
    この書類は非常に盲点でした(I-485内にチェックリストもあるのですが、I-485事態は2/28以前のフォームのままで、当てはまらなかったので見落としていた)。そして資産の証明書類をとるのに、日本にいる家族に銀行に行ってもらったりと大変でした。ようやく書類を再提出したのは、滞在許可が切れた後の七月頭。今はバイオメトリクスフィーがとられたらしいという情報のみで、仮許可証などもないので、毎日緊張しています。

    SSが七月にアポありで再開し、アポを取るため電話したところeligibleではないと一蹴(あんたらが閉まってた間にビザが切れたんだけどな!)。ここもコロナがなければK1の当然の権利として問題なくかなり簡単にとれたはずでした。なんとかそれらしい理由を言って申請したものの、数週間後にリジェクトの通知。
    理由は私の滞在ステータスが不明であるからとのことでした。移民局にステータスの確認をするようにと言われました。USCISに電話をするも、一時間以上の待ちの上、システムにないとか、領事館に相談してはとの回答。日本領事館に電話したところ、どうしようもないから弁護士に相談しろと。
    私もアメリカ以前に海外に住んでいて、ビザや滞在許可はとれていたので、ある意味自信があり、弁護士なんて論外と思っていました。今でもまだ頼りたくないと思いつつ、どうしていいか、不法滞在ではないか(GC申請中は大丈夫なようですが、システムにいないといわれたのでw)、食欲もなかなかわきません。

    因みにSSNのせいで運転免許も銀行も、できてません。大都市ではないので、車なしでのアメリカ生活はかなり大変です(国際免許を念のためにも作らなかったことを激しく公開しています)。

    長々自分の話すみません。
    きりみさんの状況は読んでいてかなりつらかったろうなとこちらも悔しくなりました。
    現在もビザ申請中とのことで、一日もはやくすべてうまくいくことを願っております。
    ただ、滑り込んでもかなり困難な状況真っ只中だったということをお伝えしたくて・・・
    きりみさんが渡米される頃にはSSNは問題なく申請できるはずですし(現在再開しているので)、今のうちにもう一度日本で準備できるのはかなり利点だと思います。

    合法で移住して、恵まれているはずの日本人なのにSSNすらとれないなんて・・・K1ももう期限切れしてるから働くことすらできない・・・コロナ化でボランティアや友達作りも簡単ではない・・・こんなに色々うまくいかないなんて、結婚自体間違っていたという暗示なのではと今でも考えてしまうことがあります。
    きりみさんからしたら渡米して、結婚しただけいいように思われるかもしれませんが・・・。もしお気持ちを害してしまったらすみません。
    アメリカは州によってあほみたいに違うようなので (コロナも州によって流行った時期が全然違いますしね)、私と同時期でもうまくいってる人はいるだろうなと思うのですが・・・。きりみさんの行く州がうまくいっているといいですね。

    ビザが取れれば、また大忙しだと思います。
    どうぞ今のうちに日本でご家族やご友人と良い時間をお過ごしください。飛行機はきっとエコノミーでもゆったりですね・・・。

    ただでさえややこしい&コロコロ変わる情報が、コロナで本当にもう訳が分からないですね。(ここに大統領選挙とくるのかと思うともう頭が痛い)。早く普通の日々に戻りたいですね・・・。
    このような記事は本当に、精神的にも貴重だと思います。私はめんどくさがりすぎてできませんでした。きっと多くの方の支えになっているんだろうと思いました。今GCのブログを見ていても、少し前の方とかしか見つけられていなくて、つらいです。だから、支えあえるっていいな・・・。はぁ。とにかく、応援していますね!!!将来、笑い話にしましょう・・・!

    あと、食品私いつも船便で送ってますよ:)

    • きりみ sakananokirimi より:

      サバさん

      初めまして!
      コメントありがとうございます😊💕

      いまの現状拝読させてもらいました。

      いまはK1ビザのことでいっぱいいっぱいで、渡米したあとのことは全く考えていなかったので、こんなこともあるんだととても驚いています。

      K1ビザで渡米後の手続きで困っている方のツイートを拝見したことがありますが、無事に入国したあともコロナが原因でこんなことが起きてしまうんですね😔

      毎日がハラハラで食欲沸かない気持ち理解出来ます。

      結婚自体…ってところにも共感してしまいました。
      私も自分たちが不運すぎて、これは何か の暗示なのだろうかと勝手に思ってしまったこと何度もあります。

      国際結婚の離婚率って超高いですよね?50%とか?

      サバさんよりもっと前に渡米してコロナの影響なんにも受けていない人でも、性格の不一致とか他の理由で離婚してしまった人が過去にいーっぱいいますよね。

      サバさんの旦那様も義家族さんたちも協力的なようですし、サバさんたちは強いと思います!!

      私も彼も愛が原因でどうこうなることはない自信があるので、幸せなのかなって思うようにしています。

      まだ私が渡米してないので手続きのことで具体的なアドバイスができないのが残念ですが、私はTwitterでK1ビザ申請者や海外在住者の方の情報はとても有意義なので、Twitterアカウント作って質問しなくても、Twitter内🔎で「SSN コロナ」とかで検索したら、もしかしてサバさんと近い状況の方がいるかもです。(そんなこともうすでにやってるわ!だったらすいません💦)

      私もサバさん応援しています!!
      結婚出来ただけ〜なんて全っっく思いませんよ!

      もし状況がひっ迫しているのなら、まず初回は安い?弁護士などに相談してみるのもありかもですね!(私も様々なビザ自力で取得してきたので、お気持ちよく分かりますが)

      もちろんいいご報告をお待ちしています
      が、もしサバさんが言葉にすることでスッキリするなら、モヤモヤしてるときいつでもコメント欄にでもメッセージ残してください!😊

      彼には英語しか話せない苛立ちや、日本の友達はビザのこと理解できずでストレスのはけ口がなかったので、やはり同じような状況で辛い思いしながら頑張っている方の言葉は私自身も救われますので🥺🥺