2019-2020 ギリホリきりみのカナダワーホリ総集編

仕事

 

きりみ
きりみ

こんにちは!

2019年からカナダのトロントでワーホリをしたきりみです。

 

 

カナダでのワーホリがコロナで中断され、帰国してから3ヶ月経ちました。

 

今日は私のワーホリをいいことも悪いこと含め、ゆっくり振り返っていきたいと思います!

 

 

そもそも私がカナダのワーホリを決めた訳は、東京で出会い、そして半年後に帰国してしまったアメリカ人彼氏(カナダの国境付近在住)の近くに住みたかったからです。

 

 

実は、その1年前にオーストラリアでのワーホリを満喫して帰国し、転職した会社に骨をうずめる気持ちで働いていて、もう二度と海外に住むつもりは一切なかったんです(;´д`)トホホ…

 

私は寒いところが大嫌いなタイプのデブで、出発前はカナダに対して正直そこまで楽しみな気持ちは少なかったのですが、最終的にはカナダが大好きになって帰ってきたんですよ!

 

辛かったことも正直に書くので、今回の記事がカナダでのワーホリを検討されている方の参考になれば幸いです( ゚ω゚ ) 

 

 

タイムライン

 

誰が興味あるん?って感じですが、自分の振り返りのために年表?月表?にしました。

 

きりみのワーホリ
  • 2019.4
    渡米して義実家に滞在
  • 2019.5
    ナイアガラでワーホリ開始
  • 2019.6
    トロントに引っ越し
    仕事開始
  • 2019.7
    ミシサガ付近に引っ越し
    独立記念日にPittsburghでキャンプ
  • 2019.8
    婚約
  • 2019.9
    K1ビザ申請
    Thanks giving dayを義実家で過ごす
  • 2019.11
    ボストンに出張
  • 2019.12
    クリスマスを義親戚宅で過ごす
  • 2020.1
    日系会館のお正月会に行く
  • 2020.2
    Buffaloで結構式場下見
  • 2020.3
    コロナで荒れ狂う
  • 2020.4
    無念の一時帰国

 

 

こうやって時系列で見ると、すごく活発に行動して充実してるっぽく見えますね。

 

でも実際は、月-金 9am-5pmのフルタイムで仕事をしていて、東京でOLやってた時ぐらい働いてたので、とにかく仕事仕事の1年でした。

 

 

それでは、仕事・婚約・友達・カナダ・コロナのカテゴリーに分けて、振り返っていきます。

 

 

 

オフィスワーク

 

仕事に関しては、本当に本当に運が良くて恵まれていたと思います。

あの会社で働けたことは、このワーホリと通じて一番の収穫です。

 

 

 

私は、ナイアガラから逃げるようにトロントに移動してきて、一から仕事探しをしていました。

 

ワーホリビザで働ける会社がそもそも少ない上に、オフィスワーク or 土日休みにこだわって仕事探していたので、求人を見つけるのが大変でしたが、奇跡的に日系企業に採用してもらいました!

 

 

 

 

私は事務兼営業兼雑務みたいなポジションだったのですが、私は致命的にパソコンが使えないので、最初は本当に苦労しました。

 

覚えは悪いし、理解も遅いし、エクセルの数式壊すし、英語は出来ないしでポンコツ極まりなく、当時は迷惑かけすぎて、毎日家に帰っては自分の不甲斐なさに落ち込む毎日でした。

 

そんなダメダメ社員にも希望を持ってくれて、3ヶ月の試用期間のあとも継続採用してくれて社長には感謝しかありません。

実はクビになるんじゃないかってヒヤヒヤしてたんです(;^ω^

 

 

 

試用期間が終わったころくらいから、種を撒いていた営業の成果が徐々に現れるようになりました。

 

私、デスクワークはクソなんですが、昔から営業は得意なんです!!

 

営業先もすべてイチから自分で開拓し、飛び込み営業してました。

多分女の子こーゆーの苦手な人多いかなって思うんですけど、私は心臓に毛爆弾なので一切抵抗ないですw

 

事務があまりにもポンコツで自信喪失していたので、営業で結果が出始めたことは救われました。

 

(ちょっと想像付きづらいかもですが)基本的に社員は私と社長だけでしたが、オフィス内の他の会社の人たちと仕事をすることが多い職場でした。

 

日本人は社長以外一人もいないなか、赤ちゃんみたいな英語を話す私にもいつも合わせてくれて、優しい同僚ばっかりでした。

 

みんなとってもいい人ばっかりで(いつも不機嫌なインド人ののレセプションのbitch以外)、ランチルームで話すひとときが楽しみだったなぁ。

 

 

秋には、ボストンに出張も行ってきました!

ワーホリで海外にいて、さらに海外出張ってそうない機会だと思います。

 

東京で働いていた会社では海外出張してる同僚も結構いましたが、私は国内出張すら経験したことなかったです。

 

 

最終的に営業職としては、売り上げを昨年の5倍にして会社に貢献出来たと思います。

 

 

社長は色々思うこともあったかもしれませんが、基本的に営業や広報に関しては自由にやらせてくれていました。

 

だから、思いつく限りの策は全部試しました。

自分で広告も作ったし、異業種も巻き込んだイベントもしたし、色んな戦略のなかで一番成功したことの一つが、SNSを始めたことです。

 

私自身もwebマーケティング的なことは一切やったことがなかったので、どうなるか不安な部分もありましたが、一気に知名度を上げられて良かったな。

 

 

 

 

一回目のオーストラリアのワーホリでは日本人に囲まれて仕事をしていて、今回のワーホリではオフィスワークで働くことは一番の目標だったので、それが叶えられて良かったです。

 

前回のワーホリ時と違い、特に具体的な英語の目標も電話を立てずに出国しましたが、電話もメール対応も貿易用語をガンガン英語で使う環境だったので、日常会話だけでなくビジネス英語が鍛えられました。

 

自分が日本で培ったことが果たして海外でも通用するか不安がありましたが、無事結果を残せたことで、今後アメリカで働くときも自信を持って職探しをしたいと思います。

 

仕事に関しては充実した1年で満点をあげたいです💮💮

 

社長には本当に本当にお世話になって、私を採用してくれたこと、成長させてくれたこと、見守ってくれたこと、感謝しかありません。

 

このブログ、社長知ってる気がするんだよねw

でも見ても見てなくても書いたことは本心で、めっちゃ感謝してるのは同じ!

本当にありがとうございました(*- -)(*_ _)ペコリ

 

 

 

 

遠距離恋愛の末婚約

 

実は、彼と私の間で話し合ってカナダ行きを決めた訳ではなく、どっちかというと私が勝手に「もう遠距離は耐えられん!カナダでワーホリする!近くに住む!」とワーホリの手続きを始めました。

 

当時まだ彼は大学生で、今思うと心の準備が完璧には出来てなかったんじゃないかと思います。

 

そんななかでも最後には腹をくくってくれて、出発前に私の両親に電話で約束した通り、異国で暮らす私を全力で守って支えてくれました。

 

彼なりの言葉を紡いで、泣きながらしてくれたプロポーズは、一生忘れません。

 

 

彼の好きなところは五万とありますが、私がカナダに渡ってからは恋愛感情というより、本当に一人の人間として改めて尊敬することが多く、この人と一生二人で幸せな家庭を作りたいと思うようになりました。

 

 

特に婚約後に始めたビザ手続きで彼の優しさと改めて実感しました。

私たちは弁護士を使わないことに加え、日米以外の国からにフィアンセビザを申請したので、前例がなく手続きは想像以上に大変でした。

 

 

私は自他ともに認める癇癪持ちで、なにか一つでも気に食わないことがあると八つ当たりするヤバヤバ人間なのですが、そんななかでも彼は「大変なのは今だけだよ。僕らの将来のために頑張ろう、ベイビー」って優しく諭してくれました。(英語で言われたことをそのまま日本語に直すと花輪君みたいになってしまうw)

 

 

私のワーホリ生活は、彼だけではなく彼の家族にも支えられて過ごしました。

 

彼の家族は本当に素晴らしい人たちで、いつも私のことを気にかけてくれて、私が体調が悪い時は薬、冬になれば暖房を彼にもたせてくれたり、深い愛情で私を包んでくれました。

 

カナダの連休に義実家に遊びに行ったときは、毎回自分の娘が帰ってきたかのように喜んでくれて、とても嬉しかったことを覚えています。

 

 

いまでもよく義母と義妹とは連絡を取りますが、早く会いたくてたまりません(´Д⊂グスン

 

キャンプとクリスマスにお世話になった彼の親戚たちも、突然やってきたアジア人の私を優しく迎え入れてくれました。

 

 

言うまでもありませんが、私のカナダでのワーホリ生活は彼なしでは語れません。

 

みんなにいつも驚かれるのが、彼が毎週150kmの距離を運転してアメリカーカナダの国境を越えて会いに来てくれていたことです。

 

どんなに疲れていても金曜日に仕事が終わったあと、そのまま会いに来てくれていました。(なんかこう見ると鬼彼女っぽくみえるけど、あくまで自主的に来てくれていたんだよw)

 

こんな素晴らしい彼と出会えてことは奇跡で、これからは私も彼のことを幸せにしたいと思います。

 

コロナで先延ばしになってしまいましたが、彼と過ごすアメリカの日常が楽しみでたまりません。

愛してるぜ☆パティ―

 

 

 

日本人の友達…

 

何度もブログに書いていましたが、私はカナダのワーホリ中とにかく友達がいなかったです(笑)

 

言い訳すると、語学学校行ってない & 職場に日本人・同世代がいない & シェアハウスではなく一人暮らしだったので、そもそも友達が出来る要素がなかったですw

 

 

こんな状況にもかかわらず面倒くさがりが災いして、新しい出会いの場に積極的に出向くこともほとんどなく、ワーホリきて半年たったころに、アレ?わたし友達いないんじゃない??ってやっと気付き、そして激しく落ち込みましたw

 

今日の記事は暗いです
欲しかったもの全部手に入れていたはずなのに、いまだに不満のあるクソ女の愚痴です。

 

 

とにかく遠距離恋愛が耐えがたくワーホリを決心したので、出国前は彼の近くにいればすべて満たされると考えていましたが、何か悩み事があったときに近くに友達がいないって辛いことなんだと、改めて友達の大切さに気付かされました。

 

「今回のワーホリは友達には恵まれなかったタイプのワーホリ、、、でも彼氏いるから大丈夫!」と自分を納得させようとしていたときに、突然女神が現れました!

 

初めての友達です。キリッ

 

すごく話が面白くて優しくて一緒にいて楽しい彼女でしたが、特にコロナが始まってから精神的に助けられました。

 

 

明るい彼女にとって私はトロントにいた友人の一人に過ぎないかもしれないけど(悲)、彼女とバカみたいな会話をして爆笑したことは、私のワーホリ生活の宝物でした。

 

 

なんでも話せる友達近くにいることが、いかに大切かと今回学んだので、アメリカに移住したときは、彼ばかりに頼らず自分で交友関係を広げる努力をしたいと思います。

 

 

 

 

コロナで突然のワーホリ終了

 

すべてが順調のままワーホリが終わり、そのままアメリカに移住すると思われた1カ月前に事件が起こりました。

 

2020年3月、K1ビザも無事に進み、いよいよ来週モントリオールで面接だ!というときに、コロナでビザ手続きがすべて中止になったのです。

 

 

誰も経験したことのない未曾有の事態なので、今後カナダに残るべきか帰国すべきなのか、ビザ手続きもどうしていいのか分からずパニックでした。

 

突然閉じられた米加の国境。

一週間後、一か月後、一年後も見えぬ未来。

 

仕事も上の空だし、彼は何にも悪くないのにここには書けないような言葉で、彼に当たり散らしていました。

 

 

トロントでやりたいこともまだたくさんあったし、お世話になった方々に挨拶できずに帰国してしまったことは心残りです。

 

本来ならいまアメリカで入籍していて、そろそろ2人で暮らすアパートメントを探しているころかななんて思うことはいまでもありますが、3月4月に人生で一番死ぬほど落ち込みつくし、帰国して日本で日常を取り戻しつつあるので、いまは精神状態は安定しています。

 

2020年は、コロナによってワーホリをぶち壊された人は私だけではないですよね。

 

 

コロナ期に相当荒んでいた私ですが、人の温かさは染みました。

 

友人もそうだし、ワークビザの提案をしてくれた社長も、いつも気にかけてくれていた家のオーナーですが、特にコロナ期に毎晩誘ってくれた裏庭での焚火は癒されました。

 

 

3月中旬早々に緊急事態宣言を発令したカナダは、それに伴って手厚い保障をしていましたね。

 

私達にみたいな外国人短期労働者にまで経済支援をしてくれるのには驚きました。(※私は申請していません。)

 

それが長い目でみていいのか悪いのかは、カナダ国民でない私では判断することが出来ませんが、政治や社会福祉について改めて考えさせられる機会となりました。

 

 

 

一番の後悔

 

友達作りが遅かったことと、もう一つの後悔がカナダを楽しむ努力をしなかったことです。

 

私ブログをやっておきながら、興味があることに偏りがあります。

 

他のワーホリの子たちは、おしゃれなカフェやイイ感じのバー開拓などに勤しんでたかと思いますが、私は家が遠いことを言い訳にしてダラダラと過ごしていました笑

 

 

カナダといったら自然ですが、トロントの有名なハイパークも行ったことがありません( ̄▽ ̄;)

 

もともと自然が苦手なのですが(爆)、せっかく1年いるのだから積極的に行動すべきでした。マジで。

 

絶対絶対アルゴンキンパークとか行って、モリモリの紅葉は見るべきでした。

カナダのと言ったらのロッキー山脈もイエローナイフも。

 

カナダの大自然を知らずに帰国してしまったことは、いまでは少し恥ずかしいくらいです。

 

ワーホリ計画中の方がこの記事読んでたら、私を反面教師にしてお金と時間が許す限りカナダを満喫してほしいです。

 

 

 

カナダ人に関して振り返ると、本当にいい人たちばかりでした。

 

カナダ人といってもみんな色々な国にルーツがある多国籍国家だから一つにくくれないけど、私はトロントで知らない人にも助けられて基本的に日々ご機嫌に過ごせました。

 

アジア人がほとんどいないエリアに住んでいましたが、嫌な思いをしたことは一度もなく、むしろよく挨拶もされたり、他愛のない会話しちゃったりしてました。

 

 

そういえばいま思い出したけど、大晦日に飲みに行った深夜の帰り、バスから降りた瞬間キンキンに凍った道で盛大に滑って、もう背中から頭からバーンって打って天を仰ぎましたw

 

そしたら黒人のお姉さん軍団がすぐに近寄って来てくれて起こしてくれて、帰り道一緒だったから支えてくれながら一緒に歌って帰りましたwww

 

「あなたはトロント初心者なの?ちゃんとスノーブーツ履かなきゃダメよ」って。

 

最後はHappy New year言って別れて、素晴らしい2020年の幕開けでした。

 

 

カナダ・トロントまじいいとこだよ!

 

同じ多国籍国家でもアメリカとカナダ全く違うと思います。

いい意味でカナダ人の方が競争心少なくて、みんなで協力して生活しているというのが、私の個人的な感想です。

 

アメリカはずっと小さいころから憧れていて大好きな国だけど、一生暮らすならカナダとっても素敵な国です!

 

 

 

まとめ

 

振り返ってたら止まらなくなり、8000字の超大作になってしまいました:(;゙゚’ω゚’):

 

私のワーホリは最後のコロナ以外は満足できるものになりました。

 

特に私は2回目のワーホリだったので、前回と比べるとかなり成長したと思います。

 

前回のワーホリ後の就活のことをかいた記事はこれね!

 

 

次は、3か国目の国アメリカ移住に向けて頑張りま~す!

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(カナダ)へにほんブログ村 海外生活ブログ トロント情報へにほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

コメント