銃乱射事件のあったバッファローに住んでいます


みなさんご存知かと思いますが、土曜日に私の住むニューヨーク州バッファローのスーパーで10人が死亡する銃乱射事件がありました。


事件が起きたエリアは行ったことがないですが、Tops自体は毎週行くスーパーなので衝撃です。

今日はバイデン大統領が訪れてスピーチをしました。


感情的にならないか上手くまとめられそうもないですが、怒りと悔しさをどこにぶつけたらいいのか分からないので書きます。




治安が悪い?ニューヨーク州バッファロー

アメリカに住んでいる人は今回の事件を聞いて「あー、バッファローは治安が悪いから。やっぱり怖い町だな。」って思った人もいるかもしれません。


日本に住んでいる方はバッファローって聞いたことがない人の方が多いと思います。



バッファローはカナダと国境近くにある街で、ナイアガラ滝には30分ほどで行けます。

NYCには車で6時間かかりますが、一応ニューヨーク州の第二の都市です。


チキンウィングが名物で、帽子で有名なNew Eraの本社があって田舎すぎず都会すぎずの街です。


何度か記事で書きましたが、ここは寒いし田舎なのにみんな地元愛が強いです。



私は1年半前にバッファローに来たときは雪はすごいし何にもないし…って思ってたんですが、地元愛に溢れた人たちに影響を受けてかいまではこの街が好きになってます。

多分他のバッファローに住んでいる日本人も同じ気持ちなのではないかと思います。

そんなバッファローの魅力を伝えられればと思って、いままでバッファローに関する記事をたくさん書いてきました。

ニューヨーク州バッファローのおしゃれな街イーストオーロラ探索
きりみこんにちは、NY州バッファロー在住です!先月の週末に【East Aurora】にお出掛けしてきました~♡バッファローの南にある小さな町イーストオーロラは、ダウンタウンからだと30~40分くらいで行けます。...


だから今回の事件で「バッファローは銃乱射があった危険な街」というレッテルを貼られてたら悲しいなと。


確かにいままでもシューティングとかはよくあって、治安がすごくいいとは言えないです。

でもアメリカ全土でシューティングは日常茶飯事だしね。

バッファローのなかでも治安が悪い場所は決まっていて、やはり今回の事件があった辺りが一番悪いようですが、私が住むエリアでは恐怖を感じたことはないです。

市長のブラウン氏は黒人だし、移民は少なくないしバッファロー自体はリベラルな街だと思っています。

私はバッファローのなかでもアジア人が少ない地域に住んでいますが、人種差別をされてると思ったことはありません。

買い物してても当たり前のように話しかけられるし、外国人としてよりアメリカ人として扱われてるように感じます。



今回の事件があってバッファローに旅行に来たい人や住みたいと思う人は減ったかもしれないですが、バッファロー自体が危険な街と勘違いしてほしくないという想いがあります。



終わらない銃乱射事件

ご存知のように、今回の事件は容疑者が黒人の命を奪いに行くという明確な目的がありました。

去年アメリカでアジア人に対するヘイトクライムが頻発しても正直どこか他人事だった自分がいたのですが、今回は仕事中も家事をしててもしててもぐるぐると考えてしまっています。


個人間の怨恨での殺人が許されるわけではないけど、週末にゆっくりスーパーで買い物しに行ったら、黒人であることが理由で殺されるってあまりにも残酷すぎる。


これから有色人種の私達はいつか誰かに突然殺されるかもしれないという恐怖とともに生きなければいけないのでしょうか。


容疑者は高校でも銃撃の予告をして精神病院に入れられたみたいです。


どうしてこうなってしまったのか、普通に楽しい高校生活を送ることが出来なかったのか、まだ若い容疑者の過激な思想を止める手段はなかったのかと考えてしまいます。

なにかのきっかけで黒人に憎しみが生まれて、ネットで白人至上主義的なサイトとかを見るようになってどんどん思想が過激になったってところでしょうか。

ちょっと検索すれば陰謀論とかが大真面目に書いてあるサイトがたくさんあって、この情報に溢れているいまの世の中で、若い子が自分で中立的に情報を判断することは難しいのかな。

今回も事件も頭のおかしなやつの犯行として扱うだけじゃ何にもならなくて、まだまだ予備軍が埋もれているわけで、なにか解決手段はないのかと憤りを感じます。

銃規制が進まないアメリカ

前にウィスコンシン州の事件の時に私の銃規制に対する思いはたっぷり書きました。


大好きな日本だから日本の政治に思うことは色々あるけど、アメリカにはそのレベルではないです。

こういう事件が起きると、同じことを繰り返されてデモが起きても銃規制が進まないアメリカに悔しくてたまりません。


毎日毎日アメリカのどこかでシューティングが起きていて、もう正直慣れました。


私は市民権を取るつもりはないからアメリカの政治に参加すること出来ないけど、いずれにしろアメリカは何も変わらない。

残念だけどまた同じような事件もスクールシューティングも起きるでしょう?(※この2週間後テキサスの小学校で20人が亡くなる銃乱射事件がありました)


チャイルディッシュ・ガンビーノの曲の通り、毎日にように悲しい事件が起きてるのに何も変わらないのこそが「This Is America」なんだろうね。

MVとても衝撃的だから見てください

どんなに悔しがっても私は無力でアメリカ社会を変えることは出来ないから、逃げるように日本に帰るか割り切ってアメリカで自分と家族と周りの人だけを守ることを考えて生きていくしかないのかな?


こんな情けないことをいっている私ですが、ベラ・ハディットはインスタでよく社会問題の投稿をしていて、今回のこともシェアしていました。

シンパシーだけじゃなくて具体的な援助機関の情報も載せてくれてて、影響力のある若い彼女がこういうことをしてくれるのはありがたいです。

事件当日にバッファローでコンサートをしていたジャスティンビーバーは特になにもなしです。

亡くなられた10名の方にはご冥福をお祈りします。

ゆっくりでいいから傷が癒えて、バッファローのみんなが安心して過ごせる日が来ますように。

\\ タメになる海外在住者のブログが集まってます //

??????? ????? ????(????·????)???????? ??????? ???????????????? ??????? ??????????? 


COMMENT

メルマガ登録

ブログ最新記事の更新情報を受け取る