アメリカで歯医者!親知らず2本抜歯(その3)

医療
きりみ
きりみ

こんにちは、

NY州バッファロー在住です!



今月は 【アメリカで親知らず抜歯】シリーズ について書いてますが、その1では【歯医者で虫歯発見編】で、チェックアップのために行った歯医者で親知らずの虫歯を発見し、いっそのこと反対側の親知らずも抜いちゃえ!と言われた話を書きました。



その2では【口腔外科を受診& 驚愕の費用編 】で、抜歯の打ち合わせのために口腔外科に行ったら「静脈麻酔」を提案され、加入している保険会社の最終的な値段が$360となりました。



今回の記事ではいよいよ【抜歯の手術当日】についてです。
なぜか何事も一筋縄ではいかない私なので、今回も盛大にやらかしてしまいました( 。-ω-)-ω-)-ω-) シーン・・・



飲食厳禁の手術前日夜


【前回の記事】でも書きましたが、 色々悩んだ結果医者や夫、義家族が勧める通り【静脈麻酔】をすることにしました。
静脈麻酔は手術中半分眠っているような状況で、全身麻酔とは少し違うらしいです。


静脈麻酔をするために手術前日の夜12時から飲食厳禁です。水もダメです。


抜歯は朝8時だったから食べ物は全然大丈夫なんだけど、私はゾウ並みに水分取る人でいつもベッドサイドに置く1杯の水も翌朝には空になるんくらいだから、水が飲めないのが結構きつかった(pдq`。)




水が飲めないかったのもあるけど、抜歯のこと考えると不安で不安で全然眠れなくて。

特に静脈麻酔が怖くて「どんな感じなんだろう」「手術終わっても目覚めなかったらどうしよう」と良からぬ想像がぐーるぐる。


私はうんていから落っこちて複雑骨折したのと盲腸になって散らしたのとで、それぞれ手術で2回全身麻酔をしたことがありますが、大昔だからもう覚えてないのと両方気絶しかけてたから麻酔に不安になってる時間もなかったんだけど、今回は元気な状態からの静脈麻酔だからそれはもう恐怖で((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル



とにかく「静脈麻酔」に対する不安に襲われながら眠りにつきました。





手術当日朝に事件


朝7時に起きるととんでもない吐き気です。


これが普段の日だったらベッドから出ずにTumsとかPeptoとか飲んで完全に療養するレベルで、こんなに体調悪い日は【アメリカの食事についに胃が崩壊した日】以来でした。


吐き気を催しつつ無理矢理車に乗って病院に着いたんですが、、、
病院のトイレに入った瞬間盛大にゲボを吐きました(汚)


ずーっと気持ち悪かったけどまさか吐くと思わなくて、自分でもびっくりしたw
飲食してなかったから絶対食べ物が原因じゃないことの証明でヨシヨシ胃液しか出なくて、ナーバスになりすぎてこうなっちゃったんだと思うの。
私かわいそう、、、相当不安だったんだねヾ(・ω・`)ヨシヨシ



小さい歯医者だから私が嘔吐してたの聞こえてたらしく、トイレ出たら夫と義母と看護師がめっちゃ引いた顔でこっち見てたよ(爆)


「吐いてスッキリしたからもう大丈夫だよ」と真っ白の顔で(笑)言ったんだけど「やっぱり嘔吐した状態で静脈麻酔は危険だから中止だけど、部分麻酔でなら今日抜歯が出来る」と言われました。


「え?部分麻酔でいいの??むしろ願ったり叶ったりなんですけど。」と二つ返事でOKすると、小さい缶のリンゴジュースをくれました(笑)

今まで知らなかったけど、吐いたあとのリンゴジュースって相性いいんだね。
荒れた胃を甘いリンゴジュースが優しく包んでくれて、めっちゃありがたかったわ。



リンゴジュースを飲み干して、いざ手術室へ向かいます。



部分麻酔で親知らず抜歯

手術台に寝て、いざ手術が始まります。


右上と左上の歯肉に麻酔をブスブス刺すとこから始まったんだけど、この注射が手術中で一番痛かったかも。

あ、あとこんなときに限って1週間前くらいから口の横が切れちゃって、手術のために無理矢理大きく開いたら裂けたのも痛かった(帰りにリップクリームくれたw)


抜歯自体は圧はすごいしゴリゴリしてくるとことか怖かったけど、麻酔してるから痛くはなかったです。

体調もまだ悪かったし、先生も看護師も心配してくれて代わる代わる「大丈夫かい?」と聞いてくれました。



手術が始まってから1時間が経って先生に「Extra toothが見つかって親知らずとそれと両方抜きました。それで時間がだいぶ取られちゃったし、本来やるはずだった右上の親知らずはだいぶ埋まっちゃってるし、この歳になっても問題がなかったからわざわざ抜歯しなくてもいいと判断しました」と告げられました。


「え?!extra toothって何?」「だから虫歯じゃない親知らずは抜きたくないって最初から言ってたじゃん」とか色々思いましたが、体調も悪いしガーゼ噛んでてしゃべれる状態じゃなかったです。


どうやら片側に親知らずが2本あったけど、目視やレントゲンでは同じ歯に見えていたらしいです。
心神喪失だった私に代わり夫と義母が抜歯した歯を見たんですが、そのextra toothは普通の歯の1/4くらいのサイズでめっちゃキモかったと言ってました(笑)
旦那には「Freak」って呼ばれたしね(笑)



打ち合わせしたときの抜歯の内容が

  • 左上の親知らず(虫歯)と右上の親知らず抜歯
  • 静脈麻酔15分×2回

のはずだったんだけど

  • 左上の親知らず(虫歯)とその上に被さってた小さい親知らず抜歯
  • 部分麻酔


と結果的に2本抜歯したのは同じですが予定してた歯と違かったのと、嘔吐してしまったために部分麻酔になったので、当初の打ち合わせよりだいぶ違った結果になりました(汗)


こんな人いるのかな?!しかも海外の歯医者で。
ほんとトラブルなしでは物事が終わらない私です(;^ω^)



辛い術後編に続く


ちょっと面白かったのが、手術が終わってから先生に「待合室にいるホストファミリー呼んでくるね」って言われたこと(爆)

ほ、ホストファミリー?!

だいぶ雰囲気も似てきてたと思ってたけど、義母もいたし?まだまだ夫婦に見られないんだなぁと笑っちゃいました。



【術後の辛い日々】はこちらで読めます!





\\ タメになる海外在住者のブログが集まってます //

??????? ????? ????(????·????)???????? ??????? ???????????????? ??????? ??????????? 







COMMENT

メルマガ登録

ブログ最新記事の更新情報を受け取る