一時帰国者におススメ格安SIM3選(楽天モバイル・JAPAN PREPAID SIM・Japan Travel SIM)

アメリカ生活

 

こんにちは!

現在カナダから一時帰国中のきりみです。

 

次はアメリカに移住する予定なのですが、コロナ禍なのでまだいつ渡米できるか分からない状態です。

 

 

 

私のように帰国したけれど、次に戻るのがいつになるか分からない人は、docomoやauなどのキャリア契約をしてしまうと事務手数料もかかるし、出国前にまた解約するのも面倒臭いですよね。

 

今回は、一時帰国を長期滞在と短期滞在の2パターンに分けて、それぞれにおススメのSIMをご紹介します。

 

1⃣ 長期滞在

(留学から帰国したけど、また次に他の国のワーホリを考えているなど)

  • 数カ月~1年程度の日本の滞在を考えている
  • 複雑なキャリア契約はしたくない
  • 解約金など払いたくない

 

2⃣ 短期滞在

(海外に永住していて、たまに日本に帰ってくるなど)

  • 1カ月以内の滞在を考えている
  • 購入後契約なしで、すぐに使いたい
  • 複雑な解約手続きなしで帰国をしたい

 

 

長期滞在・短期滞在それぞれコスパがいいSIMがあるので、両方私が実際利用して感じたメリット・デメリットとともにご紹介します!

 

 

 

楽天モバイル/Rakuten UN-LIMIT

 

 

楽天モバイルは、留学から帰国したけど、また次に他の国のワーホリを考えているなどという長期滞在の方におススメです。

 

実際に現在日本にいるけど、まだ出国日が確定していない私もこのRakuten UN-LIMITを使っています。

 

 

おススメポイント

 

・月5GBと通話料の月額利用料1年間無料
・事務手数料3300円は、3300楽天ポイントで還元
・海外でも2GBまでデータが使える
・解約手数料タダ

 

私は帰国してからさてSIMをどうしようと考えていたところ、友人に楽天モバイルを薦められました。

 

友人は「楽天モバイルは無料だよ~」なんて言うのですが、タダほど怖いものはないし、スマホやSIM関連ってよく無料キャンペーンをやっていますが、よくよく中身を見てみると裏があるものばっかりで、最初は私もめちゃ疑ってかかりましたw

 

でも、本当に無料だったんですw

 

 

これが実際の私の楽天モバイルの月々の支払明細です。

 

 

最初の事務手数料の3300円こそ払いましたが、それ以降7、8月の支払いは0円です。

 

はいそうです、まじでタダなんです。

そして、これが1年間続きます。

 

 

しかも、3300円の事務手数料は3300円分の楽天ポイントで還元されるから、実質タダです。

 

 

次の国に渡航を考えている人に最大のおススメポイントは、楽天モバイルは月に2GBまで海外でも使えるんです!!!!!

 

アメリカやオーストラリアやカナダ、ニュージーランドといった留学で人気の国はすべて対象になっています。

 

現地着いて焦ってシムカードを買わなくてOK!

飛行機が着陸した瞬間すぐにLINEもインスタも使えちゃいますよ!

 

 

しかも、楽天モバイルは解約料が一切かからないので、月額利用料無料の1年間の間に解約しても大丈夫!

 

しかもスマホ一本で解約出来るから、他キャリアみたいに身分証持って店舗に行って長時間待ってなんてする必要もありません!

 

ちなみに、契約の時もネットで出来て、数日後にシムが配達されて、私の時はちょうどコロナ真っ最中のときだったので、店舗に一切行かずに完結出来て感謝です。

 

 

デメリット

 

・利用可能製品が少ない
・田舎だと電話回線が不安定
 
最強の楽天モバイルでも、デメリットはあります。
 
 
まずは、利用可能スマホが本当に少ないです。
 
iPhoneだと11などの最新機種しか対応していなく、iPhoneはほとんどの機種では楽天モバイルが使えない現状です。
 
(iphoneでも楽天モバイルを使う方法もあるようでネットでも方法は載っているようです。実際に私の友人もiphone7でなんとか設定することが出来ました。)
 
 
ちなみに、私はAndroidシムフリースマホのPixel3aを使っていて、こちらも楽天モバイルのHPでは利用対象外のスマホ機種ですが、なんとか設定して使えています。
 
ですが、設定には若干苦労したので、当たり前ですが対象機種を持っている方が楽天モバイルを契約することをおススメします。
 
 
 
田舎だと電話回線が不安定というのは、先ほど説明したように私が利用対象外の機種で無理矢理使っているからかもしれませんが、田舎だと楽天独自の回線を使わずパートナー回線というものを使います。
 
フリーダイヤルやナビダイヤルが使えなかったといった不便があります。

 

 

こんな感じで、実際にRakuten UN-LIMITを使っている私から見えるデメリットもいくつかありますが、基本めちゃめちゃ満足して使っています。

 

 

\\ 詳しくはこちらをどぞ! //

 

 

 

JAPAN PREPAID SIM

 

一時帰国が短期間で、到着日からすぐ使いたい人におススメなのが、Softbankから出ているJAPAN PREPAID SIMです。

 

実際に私が2017年にオーストラリアから帰国してからしばらくは、このJAPAN PREPAID SIMを使っていました。

 
・10GB/180日利用可能
・プリペイドSIMで設定いらず

・契約/解約手続きの必要なし
 
 
このJAPAN PREPAID SIMは電話回線なしのプリペイドSIMです。
 
 
 
一時帰国中ってたくさん写真撮ってSNSにアップもするだろうし、道調べるのにGoogle mapもフル活用するだろうし、1週間前後でも結構データ容量って使いますよね。
 

楽しい旅行中データ容量のこと気にしてケチケチしたくないし、10GBのこのSIM買ってどーんと構えましょう。

 

10GBで2,700円ってかなりコスパよくないですか?!

 

しかも、180日間使えるSIMなので、短期滞在だけでなく数カ月滞在予定の方にもオススメです!

 

 

・データの追加購入が出来ない
 
正直デメリットはこんくらいですね~

 

 

Japan Travel SIM

 

・データ容量と利用可能日数が種類豊富
・データ容量の追加購入が出来る

 

Japan Travel SIMもさきほどのJAPAN PREPAID SIMと同様に、電話回線がないプリペイドSIMカードです。

 

種類はデータ容量が1GB~3GBで、利用可能日数が30日か3か月利用可能で、短期滞在者に特化したSIMカードになっています。

 
 
 
こちらは1GBで30日使えて、データが足りなくなったらリチャージ出来るタイプです。
 
 
1週間程度の短めの滞在の方にはこれがいいかもですね。
 
(なぜか楽天からだとめっちゃ高いのですが、Amazonからだと1,870円です)
 

 

ちなみに、空港でも販売しているので、帰国後その足でSIMを買ってすぐにスマホが使えます!

販売場所|JAPAN TRAVEL SIM powered by IIJmio
Japan Travel SIM powered by IIJmio販売場所のご紹介です。

 

 

 

・大容量を希望の人
・3カ月以上の長期滞在する人
 

Japan  Travel SIMは短期滞在者専用のSIMなので、データ容量は一番多いものでも3GBです。

 

データをめっちゃ使う人だったら、追加購入することになるので、少しお高くなるかもしれません。

 

また、3カ月以上使えるSIMは販売されていないので、3カ月後はまた新たにSIMを購入する必要があります。

 

 

 

まとめ

 

今回は、長期と短期で一時帰国用のSIMカードをご紹介しました(^o^)/

 

短期滞在で、大容量がよければJAPAN PREPAID SIM、リチャージしたければJapan Travel SIMって感じで選んでみてください!

 

それでは、いっぱい美味しいものを食べて、日本滞在を楽しんでくださーい((((oノ´3`)ノ

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(カナダ)へにほんブログ村 海外生活ブログ トロント情報へにほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

COMMENT

メルマガ登録

ブログ最新記事の更新情報を受け取る