【自力でK1ビザ】タイムライン&費用公開(2021年更新)

ビザ手続き
きりみ
きりみ

こんにちは、

20年12月にK1ビザを取得したきりみです!

 

私のK1ビザ取得までの経緯は複雑だったのですが手短に説明すると、ワーホリ先のカナダから申請していたが、コロナでトロントでの面接がキャンセルになり、帰国して日本にケーストランスファーして、東京で面接をしました。

 

こんなに複雑トラブル続きの人はなかなかいないと思いますが、それでも私達は弁護士を使わずに最後まで終えたので、自力でビザを検討している人は参考にしてみてください!

 

まだまだコロナの影響でビザの進捗に遅れが出てると思いますが、アメリカではワクチン接種も進んでいて、平時に戻れる日はそう遠くないかと思うので、いまは耐えて婚約者に会えるのを楽しみにしていましょうね(*´з`)

 

 

フィアンセビザタイムライン

 

まずは申請から取得までの細かいタイムラインです。

 

タイムライン

 

弁護士なしでかかった費用&時間

 

何度も言うように私は帰国やケーストランスファーがあったので、時間や費用も倍かかっています。

 

時間

・申請からNOA2まで:4か月13日(コロナ前&REFなし)
・申請から取得まで:1年2ヶ月(コロナ禍)

 
費用

・I-134F:¥60,000
・渡航検診:¥35,000(×2回)
・DS160:¥30,000(×2回)
・無犯罪証明書:¥15,000(3か国分)

・帰国航空券:¥80,000(カナダ→日本)
・出国航空券:¥80,000(日本→アメリカ)

 
 
総額 ¥350,000 也 
 
高すぎるでしょ。。。
今自分で電卓叩いてさすがに引いたぜ。。
 
私は異常なタイミングの悪さを発揮してしまいこんなことになっていますが、通常は弁護士なしだと20万円前後で収まるかと思います。
 
 
まだまだK1ビザについて書きたい記事はたくさんあるので、申請中の方は引き続き読んでいただければ嬉しいです((((oノ´3`)ノ

 

 

K1ビザ渡米でも使える海外保険はエポスカードがおススメ!

年会費・入会費無料なのにコロナも対応!

\ EPOSカードについて詳しくはこの記事を読んでね /

 

 

??????? ????? ????(????·????)???????? ??????? ???????????????? ??????? ???????????

COMMENT

メルマガ登録

ブログ最新記事の更新情報を受け取る