【SDGs】アメリカ人の環境問題に対する意識の低さ

日常

 

きりみ
きりみ

こんにちは、

NY州バッファロー在住のきりみです!

 

私は説教臭い記事とか意識高い系とか苦手で、胡散臭い人がそういうのを語ってるのを目にすると即スマホ閉じる人間ですが、今日のきりみさんはちょっと真面目に語っちゃいますよヾ(‘ω’)ノ

 

いままで環境問題に対してそこまで真剣に向き合ってきた人生ではなかったのですが、アメリカ人と生活と共にするようになってからあまりにも色んなことが目について、さすがに私も思うことが出てきました。

 

一つ言いたいのが、私は決して意識高い系とかではないので気軽に読んでいただけると幸いです。

逆に意識の高い人からすると「何いまさら当たり前のこと言ってんだ?」となるかもしませんが、そこは今後の成長に期待して温かい目で見守ってくださいネ( ゚x゚)ノ

 

 

フードロスを繰り返す米国人

 

そもそもですが、アメリカって環境問題に対して先進的なイメージがありませんか?

少なくとも私はそう思っていました。

 

日本のメディアも欧米では「レジ袋」や「プラスチックストロー」が禁止とか、向こうが進んでてこっちが遅れてるみたいな報道をよく目にしたような気がします。

確かにエコバッグや紙ストローはアメリカが先かもしれません。

だけど、アメリカ人ヤバいくらいものの無駄遣いします。(後述)

私達日本人の方には【もったいない意識】が刷り込まれていて、よっぽど個人の意識の高いことは先に伝えさせていただきます。

 

 

渡米後半年間義実家で同居していた私ですが、義両親のモノに対する意識があまりに日本の私と違いました。

 

まず何度か書いていますが、【大量の食品廃棄】です。

 

 

これは見てて本当に辛かった。。。

 

基本的に夕食を多めに作って残りはコンテナに詰めるのですが、翌日以降残り物は誰も食べません。

ご飯も毎晩4人分でで4号炊いて残りはコンテナに詰めますが、絶対絶対誰も手を付けません。

残り物を食べないんだったら食べきる量を作るとかいう考えはないようです。

 

最初の頃正義感でフードロス出すまいと積極的に残飯処理してたら、胃が崩壊しましたw

 

 

前日の大量の残り物の白米があるのに、翌日また新たにご飯を炊こうとしているのを見たときに一度だけ「あれれ?冷蔵庫に昨日の白米まだあるよ☆」とポップに言ってみたのですが、何だか理由をしけて炊いていたので、それ以降は言わないようにしました。

 

まだ食べられる残り物が毎日毎日捨てられているの見ているのは本当に心が痛みますが、やっぱり私は居候の身だから、ずっとそうやって過ごしてきた彼らの習慣を変えることは出来ないのです。

 

 

驚くのが自分たちが料理したもの以外に、買った食品がそのままゴミ箱に行くことです。

 

 

義母はとにかく【買いだめ癖】がすごいです。

週に3~4回買い物に行くのに、何がそんなに彼女の購買意欲を駆り立てているのか、食品は基本同じものを2つ買います。

レタス2玉、ハンバーグ肉2パックと毎回そんな買い方をするもんだから、5人家族で1週間で使い切れるわけがないよね。

 

特にアメリカ人(全員ではないかもしれないけどうちはそう)は野菜が苦手で食べないのに、2つずつ買うもんだから残念なことに数週間後冷蔵庫でほとんどの野菜がスライミーになった状態で発見されます。。。

 

これも残飯同様に一緒にスーパーに行ったときにまだ家にあるものをカートに入れたときに「これまだ家にあるよ」と角が立たないように伝えたのですが、予備がいるだとか言って結局購入していたので、それ以降は口をつぐみました。

 

 

 

SDGsを考えないアメリカ人

 

義両親には何も進言出来なかったですが、旦那には言えます。

 

「今日もお義母さん大量に買い込んで捨ててたよ」とチクッと言ってみるのですが、「私達が払ってるわけじゃないんだから気にするな」と我関せずです。

 

オットよ、これはお金の問題じゃないんだよ。

 

彼は「環境問題は個人レベルでは変えることは出来ず、企業に責任がある」と思っている人です。

私はこれを初めて彼の口から聞いたとき心の底から引きました。

もしかしたら多くのアメリカ人が口にしないだけで、そう思っているのかもしれません。

 

旦那には「世界の75億人がそれぞれ努力すれば、確実に地球は変わるよ」と説教をして、水の出しっぱなし、電気付けっぱなしなど毎回めげずに指摘していたら、さすがに言われる方もダルくなってきたのか【っぱなし】は減りました。

 

義実家で毎朝紙皿を使うのも嫌だったんで、二人で住むアパートに引っ越しからは紙皿は買っていません。

前は手をふくのもキッチンペーパーでそのままゴミ箱行きだったので、うちではタオルを使っています。

 

 

 

 

まとめ

 

これだけエピソードを書くと、アメリカ人ヤバすぎると思ってもらえると思いますが、彼らは日本人の方が環境問題に向き合ってないと思っているんです。

 

理由は「自分が住んでいた東京があまりに都会で緑がないから。自分たちはキャンプや家庭菜園、ハンティングで自然を楽しむから」だそうです。

確かにいま私達が住んでいるバッファローは自然がいっぱいですが、自然がある場所に住んでいる=自然を大切にしているってわけじゃないよね。

キャンプが苦手でショッピングが好きな子の方が環境破壊しているわけではないし、ほんとにアメリカ人の自尊心の高さは悪い勘違いを引き起こさせています(苦笑)

 

東京に住む私の友達の方が旦那よりよっぽど環境にいい暮らしをしています。

てゆーか普通の日本人ならそんな無駄遣いをしないよ。

出されたご飯は残さず食べるのが常識だし、使ってない部屋の電気は消すのは当たり前じゃない?

ギャルでもヤンキーでも手付けてない野菜をそのままゴミ箱捨てるのは心が痛むと思うんだ。

 

 

私達日本人が普段からやっていることもっと自信を持って大丈夫です。

日本人って使い終わった容器を再利用したりしませんか?

これも私達には当たり前にやっていることですが、こっちの人はゴミ箱行きです。

 

私もDunkinのコーヒー豆入りを調理器具立てに。

洗剤入れをレシート入れに。

 

あと、渡米前に百均で買ってよかったなって思うのが、【シリコンラップ】です!

 

 
私毎朝オートミールを食べるのですが、夏は冷たいミルクで食べたいので冷蔵庫でオーバーナイトを作るのですが、これにシリコンラップが超便利!
 
 
切れづらいアメリカのラップと格闘することもなくポンとシリコンラップで蓋して、ゴミも出さないし一石二鳥v( ̄Д ̄)v イエイ
 
 
 

私もビーガンにはなれないし、旦那にも義両親にもなんか特別なことをして欲しいわけじゃないんです。

ただアメリカ人、無駄はやめようぜ!!

 

※食生活のときの記事にも書きましたが、アメリカはほんとに特殊な国であって、欧米諸国のなかでもアメリカだけが異常なんだと思います。

私が住んでたカナダもオーストラリアは進んでたし、ヨーロッパとかは世界でも個人の問題意識が高い国なんじゃないかと思います。

 

\ そんなアメリカ人異常な食生活についてはコチラ /

 

 

\ブログランキング参加中です!読んだらポチっと押してネ♡ /

??????? ????? ????(????·????)???????? ??????? ???????????????? ??????? ???????????

COMMENT

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。